家庭教師のバイトをしたいけど、土日だけ自分の都合のいい時間になんてできないかもしれないと考えている方がいるかもしれません。

しかし、案外簡単に土日だけバイトが探せるかもしれませんので、その方法をお伝えします。

年配の家庭教師

求人情報から直接応募する

求人情報を見ると、家庭教師を募集している求人を目にすることがあります。土日だけでもOKと書かれている求人はありますので、その求人を見つけたら詳しい内容を問い合わせてみましょう。

求人情報には詳しい内容まで書かれていないことが多いため、求人を出している会社のホームページを訪問してみましょう。

リファレンス=東京都新宿区の家庭教師一覧|家庭教師のサクシード http://www.benkyo.co.jp/area/tokyo/shinjuku.html

登録サイトを利用する

家庭教師のバイトをしたい人向けに、派遣登録ができるサービスがあります。派遣登録をすればいつバイトをしたいのか、登録をする際に細かく設定できます。

派遣会社の担当者に土日だけバイトをしたいとう希望を伝えるか、登録時のチェック項目に希望の勤務日を土日だけにチェックを入れておけば、土日に依頼があればバイトができます。

家庭教師の派遣サイトはいくつかありますので、同時にいくつかのサイトに登録しておけばさらに幅が広がります。

知人に紹介してもらう

土日だけ家庭教師のバイトをしたいということを、知人を通じて紹介してもらうのも方法の1つです。もしも家庭教師のバイトをしている知人がいれば、その知人を通じて誰かいないか紹介してもらいましょう。

知人の紹介なら融通も効きますので、こちらの希望をある程度通すこともできます。ただ、知人によほど多くのパイプがないと、土日だけ家庭教師をお願いしたいという依頼者を探すのは難しいのかもしれません。

探せば見つかる

土日だけ家庭教師のバイトをしたいのなら、上にあげた探し方をすれば見つかります。効率の良い探し方は、求人情報を検索するか派遣会社に登録して探すのかどちらかです。

また、多くの求人情報から探すことと多くの派遣会社に登録しておけば、さらに早く家庭教師のバイトを探すことができるのかもしれません。

家庭教師のアルバイトが割りに合わないと感じることはありますか?

家庭教師のアルバイトに興味はあるけど、実際にやってみるとどうなんだろうと疑問に思うことはありますよね。時給は他のアルバイトと比べると高額なんだけど、割りに合わないと感じたり不満に思っている場合はある人それぞれあるでしょう。

そこで、家庭教師のアルバイトをしている人が割りに合わないと感じている内容を紹介していきます。

少年と家庭教師

移動時間に給料が発生しない

ほとんどの家庭教師のアルバイトでは、自宅から生徒の家まで行く通勤時間に給料は発生しません。たとえば、片道1時間の通勤時間が必要なら往復で2時間の時間を通勤に使います。

この2時間はまるまる給料は発生しませんし、捨てたようなものだと考えると不満を持つのかもしれません。時給1500円で2時間で3000円のアルバイト代をもらっても、さらに2時間の通勤時間が発生すると、3000円÷4時間=時給750円になります。

時給750円なら他のアルバイトをした方がましだと考える人もいますので、あまりに通勤に時間を取られるようなら割りに合わないと感じるでしょう。

逆に、自宅から生徒の家までの距離が近いと得した気分になりますし、どうしても割りに合わないと感じるのなら、他の生徒を担当したいと申し出るのもかまいません。

時間を生徒側に合わさないといけない

コンビニやスーパーなどのアルバイトなら、アルバイトに入る曜日や時間帯をある程度は自由に組めることもあります。しかし、家庭教師の場合は完全に生徒やその親の都合に合わせて出向きます。

さらに、勉強を教える時間は夜の8時前後の時間が多いので、この時間に家庭教師のアルバイトをするのは他のアルバイトをする時間を取れないという意味もあります。

アルバイトをする時間は短いけれど、中途半端な時間に拘束をされるので予定を立てにくく、他のアルバイトができないので割りに合わないと感じる人はいるようです。

それでも深夜に勤務をしなければいけないアルバイトに比べても恵まれているのではないでしょうか。

髭面の家庭教師

「家庭教師のアルバイトが割りに合わないと感じることはありますか?」のまとめ

家庭教師のアルバイトは、移動時間に給料が発生しなかったり中途半端な時間に拘束されて他のアルバイトができないことから、割りに合わないと感じる人はいます。